左から
戎谷様 中村様
スマケア担当 山崎
「SmaCare」で訪問系サービスを一括管理

京都府京都市南区

社会福祉法人清和園様

https://www.seiwaen.or.jp/index.html

事業所名
久世ホーム訪問介護事業所 定期巡回随時対応型訪問介護看護
所在地
京都府京都市南区久世築山町72
事業開始
2016年3月1日

サービスを開始した理由

事業所のある地域には訪問介護事業所が少なく、地域に住む高齢者の在宅生活を支えるため、訪問介護の指定を取ろうと考えていました。保険者である京都市に相談したところ、「訪問介護」と一緒に「定期巡回・随時対応サービス」の指定も申請することを勧められ、サービス開始にいたりました。

スマケアを導入した理由

当初は別のシステムの導入も検討していましたが、色々と調べていくと「定期巡回・随時対応サービス」に関わる業務支援システムのなかで、「SmaCare」の市場シェアが一番高いことがわかりました。利用者からの緊急通報に対応していることや、クラウドシステムであることも評価のポイントとなり、「SmaCare」を導入することに決めました。

スマケア導入して良かった点

それまではサービス内容を紙に記録していましたが、「SmaCare」を導入したことでスマートフォンから記録を入力することになり、ペーパレス化が進みました。インターネットを通してリアルタイムでサービス状況が確認できるのも良い点です。
また、「特定事業所加算」を取得しているのですが、「SmaCare」にはサービス前後の情報共有やスタッフに指示を出す機能等が備わっており、特殊な操作も不要で算定要件のほとんどを満たすことができるので、大変便利だと感じています。

他の訪問系サービスの記録も「SmaCare」に統一

「定期巡回・随時対応サービス」の他に、「訪問介護」や「夜間対応型訪問介護」のサービス内容も「SmaCare」で記録しているのですが、新しく訪問看護事業所を立ち上げることになり、「訪問看護」の記録も「SmaCare」で取ることになりました。「SmaCare」で訪問系サービスを一元管理し、業務効率化・情報共有を推進していきたいと思います。

今後の目標について

様々な介護保険サービスを展開してきましたが、「訪問看護」をはじめることで、念願であったワンストップサービスを地域に提供することができるようになります。「定期巡回・随時対応サービス」と「訪問看護」は相性も良く、シナジー効果を期待しています。日本一の定期巡回・随時対応サービス事業所になることが目標です。

営業担当者から

久世ホーム様にうかがうと、いつも前向きな気持ちで新しいことに挑戦されていて、わたしも大いに刺激を受けています。はじめてお会いしたときから「日本一の定期巡回・随時対応サービス事業所になる」と力強くお話されており、今も目標はぶれずに、着実に歩みを進めていらっしゃいます。久世ホーム様の目標が叶うように、今後もしっかりとサポートしていきたいと思います。