事業所の皆様
営業担当:田中 尚志
ヘルパー自身がスマートフォンでケア内容や基本情報、予定の確認がいつでもどこでもできるスマケアのようなシステムは、これからの介護で必須になると思い導入を決めました。

千葉県佐倉市

社会福祉法人生活クラブ様

http://kazenomura.jp/

事業所名
定期巡回ステーションさくら
所在地
千葉県佐倉市山崎529-1
事業開始
2013年2月

サービスの向上につながっている

申送り事項やバイタルの状況が時系列になっており、利用者の状況がよくわかります。
今迄の訪問介護と比較するとサービス提供責任者を通して報告を受けて時間差があったものが、介護者自身の言葉としてタイムリーに全体で情報共有ができるようになり、必要に応じて連携先の訪問看護にもすぐに指示を仰げるようになり、迅速なサービス提供に繋がっています。ケア手順書に認知症の利用者への声かけ等対応内容を細かく記載する事で、職員間でサービス内容の統一が図れるようになりました。こうした内容がいつでもどこでもスマートフォンから確認できるのでサービスの効率化だけでなく、サービスの質の向上にも繋がっていると感じます。

また、希望のある方については携わるケアマネジャー等へ、情報共有の為のURLを配布し情報共有を行っています。職員からは外部に公開するので入力について、できるだけ細かく入力するという意識づけにつながっていると思います。

こんな時にあってよかった

外出先でもリアルタイムで利用者の状況が確認できるので随時で訪問する際等は非常に助かっています。また、利用者の一定期間の状況を確認する際等も、サービスの提供状況が時系列で整理されているので把握がしやすく、サービス提供する上での準備や外部との情報共有の際に役立っています。

スマケアがなかったら

スマケアを使用していなかったら、利用者情報共有の為の電話、メールでのやり取りが頻繁になり、本来行うサービス提供に支障が出ていたであろうという事が容易に想像できます。また、利用者情報やケア記録等も紙媒体で実施してたら紙を保管するスペースが大変なことになっていたと思います。

導入後のフォローについて

システムの問合せは迅速に対応してくれるので助かっています。また、システム以外でも事業についての情報提供を定期的にしてもらえるので助かっています。今後は訪問介護事業での導入も検討しているので益々お世話になる事が多くなると思いますが、宜しくお願いいします。

日中・夜間のオペレーター

日中は事業所で、夜間は短期入所の職員がオペレーターをしていますが、利用者の基本情報やサービス提供状況が時系列でわかるので実際に会った事の無い利用者でもスムーズに対応できます。通報があればパソコンに情報がポップアップされるので見逃す事が無く、日中、夜間で場所の変更ができる点は非常に良く感じています。

営業担当者から

定期巡回ステーションさくら様は、ご利用いただいている期間も長く、法人としても定期巡回サービスの実施に力を入れていらっしゃいます。また、スマケアの機能追加・改善等についてもいろいろなご意見をいただきました。
一緒に定期巡回サービスを普及させる同志と思える私にとって大切な事業所です。これからもお役に立てるように引き続きご協力していきます。