スマケアのある1日
スマケアのある1日

登場人物

『スマケア』を活用している事業所の
ヘルパーさんの1日をご紹介します。

  • 定期巡回編
  • 随時対応編
ヘルパーがスマートフォンでスマケアを閲覧している様子 イメージ写真

毎日のケアを
もっとムダなくスムーズに

AM 8:00

介護者ICカードをスマートフォンにかざして『スマケア』にログインします。

AM 8:30

利用者情報はすべて『スマケア』に集約。本日の訪問予定と申し送り内容を
確認します。

ヘルパーがスマートフォンでスマケアを閲覧している様子 イメージ写真
利用者の居宅へ向かうヘルパー イメージ写真
AM 9:00

1件目は、田中さんのお宅に向かいます。

AM 9:30

田中さんのお宅に貼ってある利用者ICタグにスマートフォンをかざして認証。サービス開始です。
開始時間は自動的に記録されます。

利用者の無事を確認 イメージ写真
ヘルパーがすぐに駆けつけてくれて安心する利用者 イメージ写真
AM 10:00

朝は体位変換とトイレ介助、
台所清掃、朝食の配膳・水分補給・
薬の服薬確認を行ないます。

AM 10:30

「最近の体調はいかがですか?」
「心配事はありませんか?」

何気ない会話も、田中さんの状態を知る大切なコミュニケーションです。

『スマケア』 申し送りの様子 イメージ写真
利用者の家族も一安心 イメージ写真
AM 11:00

サービスが終了したら、行なった内容を『スマケア』でチェック。気になった点も記録します。
次の予定も『スマケア』で確認。利用者情報や申し送りなども確認してから、次のお宅へ向かいます。

ヘルパー高橋さん 写真

ヘルパー高橋さん

「今では、『スマケア』はなくてはならないパートナーです」

最初は、使いこなす自信がありませんでしたが、使い方はとても簡単で、1週間ほどで慣れました。『スマケア』があれば、どこにいても情報確認ができ、スムーズにケアに入ることができます。気持ちにも余裕が生まれたからか、ご利用者様の状態の変化にもいち早く気付けるようになりました。また、かさばる帳票や記録用紙を持ち歩く必要がなく、置き忘れなどのトラブルもなくなりました。コンプライアンスの面からも安心ですね。