スマケアで業務効率化

  • HOME
  • スマケアで業務効率化

スマケアならではの
3つのポイント

スマケアの導入は、業務効率化に大きく貢献します。
現場はもちろん、管理者にとっても大きなメリットをもたらす、
その3つのポイントをご紹介します。

スマケアの3つのポイント イラスト
予定の確認・記録も簡単に 予定の確認・記録も簡単に
予定の確認・記録も簡単に

サービス状況や予定の閲覧がスマートフォン1台で
行なえます。

  • 提供したサービス内容をリアルタイムで共有できます。
  • 地図の表示や緊急時の連絡もいつでもどこからでも可能
    です。
  • 過去のサービス実施記録や申し送りを、移動中に確認
    できます。
緊急時の対応も迅速・的確に
緊急時の対応も迅速・的確に

随時コール着信と同時に利用者情報がパソコンに表示されます。

  • 利用者情報が確認でき、迅速な対応が可能になります。
  • 通話内容は自動で録音されるため、不要なトラブルを回避できます。
  • 必要なサービスがいつでも迅速に受けられるので、利用者も安心です。
事務作業の負担も経費も削減
事務作業の負担も経費も削減

スマートフォンで記録したサービス内容や申し送りは、
パソコンに自動的に集約されます。

  • 事業所に戻って、書類作成をする必要がなくなります。
  • 蓄積されたデータから、各種帳票の作成、データ分析もできます。
  • 記録用紙も不要になり、書類管理や経費の負担も軽減されます。

「介護・医療連携推進会議」で利用する集計データの作成が可能です。

日々の記録が全てデータ管理されている為、容易に集計表の作成が可能です。
資料作成に費やす時間が、大幅に削減できます。

定期巡回サービスの訪問回数(1日あたり)

要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
地域提供型 2.3回 2.8回 3.5回 4.4回 3.2回
集合住宅型 6.3回 7.7回 4.8回 10.5回 11.3回
全体 3.2回 4回 3.8回 5.6回 4.4回

想定される平均訪問件数

1日 1ヶ月 3ヶ月 1年
利用者
10名
42回 1,302回 3,906回 15,330回
利用者
20名
84回 2,604回 7,812回 30,660回
利用者
30名
126回 3,906回 11,718回 45,990回
出展 「アンケート結果からみる定期巡回・随時対応サービス」
平成24年度厚生労働省老人保健健康増進等事業(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社)より抜粋